ICPC 2016夏会合のご案内

皆様

来る7月2日(土)に武蔵大学江古田キャンパスにてICPCを開催します。

今回は学生による研究発表および学生向けのワークショップを行います。

社会人の皆さんも学生たちへのアドバイザーとしてご参加ください。

プログラム終了後にアルコール抜きの懇親会も予定しています。どうぞご参加ください。

日時:2016年7月2日(土)10時〜(9時半開場)

会場:武蔵大学江古田キャンパス1201教室
1号館(正門入ってすぐ左の一番新しいビル)の2階、1201号教室です。
http://www.musashi.ac.jp/annai/campus/ekoda.html

参加費:
研究発表&ワークショップ参加費 社会人1000円 大学生・大学院生0円
懇親会費 社会人2000円 大学生・大学院生1000円
#会費は当日会場にていただきます。

プログラム:
午前の部(10:00〜12:30予定) 直江賞ゼミ発表大会:各大学のゼミによる発表と質疑(今のところ3大学から5名の発表を予定しています)
昼食(グループに分かれて近隣に出かけます。)
午後の部(14:00〜18:30予定) 未来のニュースサービスを考えるワークショップとプレゼンテーション
#当日最低限の資料は配付しますが、『インテリジェンス・ジャーナリズム』(http://www.amazon.co.jp/dp/4623073874)の第9章(次世代のジャーナリズムに必要なこと)を読んでおくと議論が深まります。

参加登録:
以下のリンクから必要事項を記入し、事前にご登録ください。
http://ptix.co/1TqlqF1

よろしくお願いします。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ICPC 2015夏会合のご案内

■参加費につきまして
申込システム上は無料イベントとなっておりますが、本会合ではイベント参加費としてお一人1,000円いただくことになりました。当日受付で現金でお支払いください。極力お釣りのないようにお願いします。直前のお知らせとなりましたことをお詫び申し上げます。

懇親会への参加費は、お一人学生2千円、社会人6千円程度です。こちらも現金でのお支払いとなりますので、なるべくお釣りのないようご用意ください。

————————————————————
情報通信政策研究会議(ICPC)2015年夏
————————————————————

ICPC2015年夏会合を、以下の通り開催します。

日時:2015年07月18日 (土) 10:00-18:00
会場:武蔵大学江古田キャンパス1号館1001号教室

プログラム:
————————————————————
10時~12時:
プライバシーの現在―パーソナルデータ・忘れられる権利・サーベイランス―

宮下紘(中央大学)
板倉陽一郎(弁護士)
大島義則(弁護士)
成原慧(東京大学)※ゲストプログラム委員
————————————————————

————————————————————
13時30分~15時30分:
業法規制と製造物責任法からドローン、ITSを考える:日本のとるべき政策は何か

佐脇紀代志(経済産業省産業機械課)
小林正啓 (弁護士)
小寺信良 (MIAU代表理事)
工藤郁子(SFC研究所上席研究員)
赤坂亮太(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科後期博士課程)※ゲストプログラム委員
渡辺智暁(国際大学GLOCOM)※サポートプログラム委員————————————————————

————————————————————
15時45分~17時45分:
ICTと都市文化

松谷創一郎(ライター、リサーチャー)
岡田智博(NPOクリエイティブクラスター理事長 博士(学術))
菊地映輝(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 後期博士課程)※ゲストプログラム委員
庄司昌彦(国際大学GLOCOM 准教授)※サポートプログラム委員
————————————————————

参加お申し込み:
下記リンク先からお申し込み下さい。
http://peatix.com/event/98326

みなさまのご参加をお待ちしております。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2014年7月会合

————————————————————
情報通信政策研究会議(ICPC)2014夏
————————————————————

ICPC開催の季節がやって参りました。今回のICPCは学生が主役の「ICPCユース」として開催します。

午前中は恒例となっている、「直江賞」を開催します。個人での応募、ゼミ単位での応募、共に受け付けておりますので、希望する方は、申し込みフォームからお申し込みください(ゼミをお持ちの方は、是非学生の皆様に本賞について告知をお願いいたします)。

午後は、ワークショップを行います。今年のテーマは「仮想通貨ビットコインと未来」です。ビットコインに代表される仮想通貨の未来と情報通信政策について、みんなで考えようというものになります。詳細はプログラム委員より随時お知らせいたします。こちらもふるってご参加ください。

学生主体ではありますが、もちろん、ユースではない方のご参加もお待ちしております。学生の皆様からのフレッシュな意見を得て、活発な議論ができればと考えております。
皆様のご参加をお待ちしております。

-日時:7月21日(月・祝)10:00-18:00
-会場:国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(東京都港区六本木)

-参加費        学生 なし     社会人 1000円
-懇親会参加費    学生 3000円  社会人  5000円(予定)

-申込:
https://docs.google.com/forms/d/1_YptIkPqVVck3m4Uk2GLFVjNpzuCq4D1hpBNMwsLXF4/viewform

-プログラム

09:30     開場
10:00‐10:10 概要説明
10:10‐12:00 直江賞応募者による発表

テーマ:自由(情報及び通信に関わるもの)
進行 :各人の持ち時間は発表者数によって前後しますが、質疑を含めて20-30分程度。

12:00-13:30 ランチブレーク
13:30‐14:00 直江賞 講評発表
14:00-18:00 ワークショップ

テーマ:「仮想通貨ビットコインと未来」
進行:
1)ブリーフィング:40分
2)討議等
3)講評:20分

18:00-18:30 片付け
19:00- 懇親会

カテゴリー: 2014年7月会合 | コメントする

ICPC2013秋開催

国際大学GLOCOMにてICPC2013秋が開催されました。三つのセッションで活発な議論が交わされました。

20131208icpc

カテゴリー: 2013年12月会合 | コメントする

ICPC 2013秋会合のご案内

————————————————————
情報通信政策研究会議(ICPC)2013年秋
————————————————————

ICPC2013年秋会合を、以下の通り開催します。

日:2013年12月8日(日)
時:9:30開場、10:00開始

会場:国際大学GLOCOM(http://www.glocom.ac.jp/access/)を予定しています。

プログラム(暫定):
1. Bitcoinから政策課題を探る (10:00-12:00)
 米国における「シルクロード」の提供者摘発などをきっかけに注目を浴びており、匿名性の高さや価値の高騰などでも知られるBitcoinについて、どのような情報通信政策イシューがあるかを探索する。

 八田真行(駿河台大)
 岡田仁志(国立情報学研究所)
 山口浩(駒沢大)
 渡辺智暁(GLOCOM モデレーター)

2.情報社会の規制における官民の分担・連携の可能性と限界(13:30-15:30)
 最近、マルチステークホルダー等の理念のもとに規制に関する官民の連携・分担が注目されるようになっていることを踏まえ、情報社会の規制における官民の連携・分担の意義と問題点についてパネリストの問題提起を踏まえ、議論することにしたい。

 成原慧(東京大 パネリスト)
 渡辺智暁(GLOCOM パネリスト)
 楠正憲(GLOCOM コメンテーター)
 原田祐樹(総務省 コメンテーター)
 工藤郁子(キャンペナー コメンテーター)
 松宮広和(群馬大 モデレーター)

3.オープンデータの国際戦略面(15:45-17:45)
 Open Government Partnership やG8のOpen Data Charterなど、オープンデータをめぐる国際協調の動きは増えており、また国際協力プロジェクトや達成度の国際比較調査なども存在している。日本としてこうした動向をどう受け止め、どのような戦略を持って振舞うのがよいかを討議する。
 Richard Stirling (The Open Data Institute)
 土井剛(内閣官房IT総合戦略室)
 高木聡一郎(NTTデータ、GLOCOM)
 川島宏一(公共イノベーション、OKFJ)
 庄司昌彦(GLOCOM モデレーター)
 (ほか調整中)
 

参加費用:1000円*
 *当初の予定を変更して、1000円頂くことに致します。
学生の方は無料の予定です。

参加お申し込み:
こちらのフォームからお申し込み下さい。【終了しました。】

人数に余裕がある場合、当日の参加を受け付けます。

みなさまのご参加をお待ちしております。

カテゴリー: 2013年12月会合 | コメントする

ICPC 2013春のご案内

————————————————————
情報通信政策研究会議(ICPC)2013年春
————————————————————

ICPC開催の季節がやって参りました。一昨年、昨年に引き続き、春のICPCは学生が主役の「ICPCユース」として開催します。午前中は昨年に引き続き、直江賞を開催いたします。
個人での応募、ゼミ単位での応募、共に受け付けておりますので、希望する方は、プログラム委員会、もしくはICPCに参加しているゼミの教官・教員の方に申し込みをお願いいたします(ゼミをお持ちの方は、是非学生の皆様に本賞について告知をお願いいたします)。
午後は、ワークショップを行います。今年のテーマは下記の通りですが、詳細はプログラム委員より随時お知らせいたします。こちらもふるって参加をいただければと存じます。
「Future Working 」のセッションは、震災後の東北復興に関連してという枠組みで、みんなで考えようというものになります。詳細は当日お知らせしますので、よろしくお願いします。

学生主体ではありますが、もちろん、ユースではない方のご参加もお待ちしております。学生の皆様からのフレッシュな意見を得て、活発な議論ができればと考えております。
皆様のご参加をお待ちしております。

日時:6月29日(土)09:50-18:00
会場:国際大学グローバル・コミュニケーション・センター

参加費        学生 なし     社会人 1000円
お弁当代          1000円        1000円
懇親会参加費        3000円        5000円

申込: 受付は終了させていただきました。

09:30 開場
09:50‐10:00 概要説明
10:00‐12:00 直江賞応募者による発表
テーマ:自由(情報及び通信に関わるもの)
進行 :各人の持ち時間は発表者数によって前後しますが、
質疑を含めて20-30分程度。
12:00-13:30 ランチブレーク
13:30‐14:00 直江賞 講評発表
14:00-18:00 ワークショップ
テーマ:「Future Working」/「Future Worker」
−ITを活用した未来の働き方とは?−

進行:
1)ブリーフィング:40分
2)討議等
3)講評:20分
18:00-18:30 片付け
19:00- 懇親会

カテゴリー: 2013年06月会合 | コメントする

明日の会場は鳳明館の「森川別館」です。

明日の会場は、鳳明館の「森川別館」です(本館ではありません)。お間違えのないようお越しください。

鳳明館地図

カテゴリー: 2012年11月会合 | コメントする

明日は12時半に受付開始です。

皆様

明日のICPCは12時半に受付開始、13時からセッションを開始する予定です。

会場は、東京の本郷の旅館、鳳明館(http://www.homeikan.com/)になります。会場は、「森川別館」になります。御注意下さい。

ご参加お待ちしております。

カテゴリー: 2012年11月会合 | コメントする

2012秋ICPC秋会合 登録受付開始します

皆様

2012年11月10日(土)〜11日(日)、合宿形式でICPC会合を開きます。

会場は、東京の本郷の旅館、鳳明館(http://www.homeikan.com/)になります。会場は、「森川別館」になります。御注意下さい。

受付開始 12:30

■土曜13:05〜15:20 電波をめぐるビジネスと規制
林秀弥(名古屋大学)
内藤茂雄(総務省)
岸田重行(情報通信総合研究所)
モデレータ:実積寿也(九州大学)

http://www.soumu.go.jp/main_content/000174256.pdf
http://www.soumu.go.jp/main_content/000174257.pdf

■土曜15:45〜18:00 ダウンロード違法・刑罰化の政治過程
香月啓佑(MIAU事務局長)
@heatwave_p2p (ブロガー:http://peer2peer.blog79.fc2.com/ http://d.hatena.ne.jp/heatwave_p2p/
モデレータ:庄司昌彦(GLOCOM)
他調整中

■土曜夜:なぜ電子政府はつながらないのか
モデレータ:西潟暢央(総務省)

■日曜9:05-11:00 オープンデータ/ハクティビズム
後白一樹(総務省)
塚越健司(一橋大学大学院)
八田真行(駿河台大学)
羽鳥健太郎(情報処理推進機構(IPA) )
モデレータ:渡辺智暁(GLOCOM/クリエイティブ・コモンズ・ジャパン)

 

■申し込み

参加ご希望の方は以下のフォームからお申し込みください。

https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dEhHSHRNWDlzOVAyeXByNVpoaHlGZXc6MA#gid=0

■宿泊、食事と料金についてのご注意

宿泊については先着30名様限定となります。原則として同性間の相部屋となることをご了承下さい。

参加費は、以下を予定していますが、参加者の人数等(特に社会人と学生との比率)を勘案して、変更が行われる可能性が存在します。

社会人 10,000円 (宿泊有、全日程参加)
9,000円 (宿泊有、朝食のみ無し)
5,000円 (宿泊無、1日目のセッション及び夕食のみ参加)
4,000円 (宿泊無、セッションのみの参加)

学生   5,000円 (宿泊有、全日程参加)
4,000円 (宿泊有、朝食のみ無し)
3,000円 (宿泊無、1日目のセッション及び夕食のみ参加)
1,000円 (宿泊無、セッションのみの参加)

なお、BOFについては、別料金です。従前通り、皆様によるBOFへのお酒やおつまみ等のお持ち込みを心より歓迎致します。

ほかに、プログラム委員会が特に認めた場合は料金を変更することがあります。

■申し込み期限

宿泊希望:    11月6日正午 (又はそれより早く30名に達した時点)
食事のみ希望: 11月8日正午
その他:      できるだけお早めに(当日も可)

宿泊をご希望の方は、11/6(火)の正午までにご登録をお済ませ下さい。人数制限の関係上、特にお早めのご登録を推奨致します。(30件の予約があった後には速やかに宿泊オプションを消去して締め切る予定ですが、消去対応直前に申し込みを頂いた方には、その旨ご連絡差し上げますのでご了承下さい。)

1日目のセッション及び夕食のみの参加をご希望の方は、11/8(木)の正午までにご登録をお済ませ下さい。

セッションのみであれば、当日の参加も可能ですが、会場の手配等の関係上、参加登録は、可能な限りお早めにお願い致します。

■その他

会場には駐車場はございません。近隣のコインパーキングは10分100円程度のレートとのことですので、公共交通機関のご利用をお薦めします。

開始時間などについては、追ってこのページでお知らせいたします。

カテゴリー: 2012年11月会合 | コメントする

2012秋ICPC秋会合

2012年11月10日(土)〜11日(日)、合宿形式でICPC会合を開きます。

会場は、鳳明館(http://www.homeikan.com/)を予定しています。

議論のテーマとしては、

(1)ダウンロード違法・刑罰化の政治過程
(2)オープンデータ/ハクティビズム
(3)スマホセキュリティ/プライバシー/IDの未来
(4)なぜ電子政府はつながらないのか

の四つを予定しています。

カテゴリー: 2012年11月会合 | コメントする